転職サポート
転職サポートについて

人気エリアから検索

都道府県から探す

おすすめの保育園求人情報

資格と保育園について

資格を取得するには?

保育士の資格は、厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設の
大学・短大・専門学校等に通い、所定の単位を取得し卒業すれば
資格を取得することが出来ます。


また資格養成過程を終了しなくても、毎年1回都道府県知事の実施する
試験に合格すれば資格を取得することができますが、試験は誰でも受験できる
わけではなく、所定の受験資格が設けられています。

保育士として働くには

保育士として働くには、平成13年11月30日に児童福祉法の
一部を改正する法律が公布され、平成15年11月29日から
その業務に就く前に、都道府県知事に対し登録申請手続きを行い、
保育士証の交付を受けなくてはならなくなりました。


保育業務を行っていない方については、必ずしも登録する必要性はなく、
登録をしなくても、資格がなくなるわけではありません。
ただし、今後は、業務に就く前までに登録をしておく必要があります。

保育士の配置基準

認可保育所の基準では、
0歳児3人につき保育士が1人、
1・2歳児6人につき1人、
3歳児20人につき1人、
4・5歳児30人に対して1人


という配置基準が定められており、この基準よりも
多く配置する場合を、職員の加配と呼んでいます。

保育士さんの体験談

保育関連のコンテンツ